呼吸器の病気

HOTって?

HOTとは在宅酸素療法のことです。

全国で12万人以上の方がHOTをされています。
山口県には約1500〜2000人の方がHOTをされていると予測されます。

表

表

HOTをされている方の多くは高齢者です。

疾患で多いのはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で、最近は間質性肺炎や肺癌が増えています。 

表

表

外出時は携帯用酸素ボンベを使用します。

医師からの処方によってお風呂やお食事、睡眠中も酸素吸入をする方が多くいらっしゃいます。

no thumbnailno thumbnail no thumbnail no thumbnail

下のグラフの左側はHOTをされた方とHOTをされなかった方の生存率です。
右側のグラフは1日中酸素を吸われた方と夜間のみ酸素を吸われた方の生存率です。

no thumbnail

HOTの意義は在宅療養はもちろん、趣味や生活習慣を持続することです。
HOTで息切れを和らげ、旅行に行く方も多くいらっしゃいます。
つまり、以前と変わらぬ生活を送ることが出来るのです。

no thumbnailno thumbnail

注意点!

酸素は爆発することはありませんが、燃焼を助ける働きがあります。
火気には十分注意しましょう。

no thumbnail

コンテンツ

おすすめリンク

 
日本呼吸器学会
フクダライフテック
帝人在宅医療株式会社
帝人ファーマ株式会社

協賛
ページのトップへ